フィナステリドは使うな!超危険な副作用を徹底解剖!

男性型脱毛症の原因のひとつである男性ホルモンと特定酵素に働きかけるのが、フィナステリドです。そのため男性型脱毛症の治療、つまり育毛にはこれが含まれた治療薬が使用されます。ただし性機能障害、つまりはEDなどの副作用の危険もあることは認識しておく必要があります。フィナステリドのような危険な薬剤に頼らず、髪を育てる方法などもお話していきます。
MENU

フィナステリドの育毛効果・成分と肝臓への負担と影響

成人以降の男性に多い男性型脱毛症は、
男性ホルモンが特定酵素の作用を受けて発毛阻害物質に変換されてしまうことが原因のひとつです。

 

この場合、男性ホルモンや特定酵素が原因のため、
育毛剤や頭皮マッサージによって改善が見込まれる血行不良が原因の場合とは異なり、なかなか自力では改善しにくいという特徴があります。

 

そのため、フィナステリドが含まれた専門の治療薬が使用されることが多くあります。

 

 

まずフィナステリドとは、もともとは前立腺疾患治療のために使用されていた成分で、男性ホルモンや特定酵素に働きかける作用を持っています。

 

ですから、この治療薬を服用し続けることで
男性型脱毛症が高い割合で改善することができると言うデータが出ているのです。

 

これがAGAなど育毛業界でハゲ治療の為に使われれている大きな理由と言えるでしょう。

 

 

ただその一方で、かなり危険な副作用の発生も報告されています。

 

たとえば、フィナステリド治療薬は錠剤として服用するのが一般的です。

 

そのため、効果が高い分、肝臓にかかる負担を避けることができないため、
その人のもともとの肝臓の状態によっては、薬物性肝障害や肝臓の健康が危険になるなど症状が発症することもあります。

 

しかもこれは、後述するフィナステリドの副作用とは別も症状です。

 

ですから、特に肝機能に不安がある方は、医師への相談が欠かせません。

 

さらに次項でご説明しますが、仮に肝臓が正常だったとしても、
フィナステリドそのものが危険な副作用を有しているので、
当サイトとしては使用することそのものを否定しています。

 

 

フィナステリドの危険な副作用の詳細

 

男性ホルモンとは、男性の性機能や精神的健康、
またその体作りに深く関係しているホルモンです。

 

そのため、フィナステリドの副作用によってそれらの機能に障害や影響が発生する危険もあります。

 

たとえば性機能においては、勃起不全、勃起の維持の困難と言ったEDのような症状、精子量の減少、それによる男性の不妊症、あるいは性欲減退といった、精神面での影響が副作用としてあらわれてくることも報告されています。

 

日常生活においても活力が減退し、うつ状態のような精神状態になる場合があるとも言われていますし、全身の倦怠感や強い疲労感を覚えると言った症状も報告されています。

 

そして乳房が膨らんできたり、体型が丸みを帯びてくるなど、体が女性化してくるような症状が出てくるケースもあります。

 

頭髪は生えてきたけれどそれ以外の体毛が急に薄くなったと言うのも、この女性化の症状に該当します。

 

頭髪の悩みがフィナステリドによって解消できるのは、大きなメリットです。

 

しかし、そこには副作用の危険性があることをしっかりと認識し、医師とも相談をしたうえで、治療薬の服用に関しては冷静な判断を下すことが重要です。

 

 

フィナステリドのような危険な副作用が無いキャピキシル!!

 

髪が生えてくる喜びと引き換えに、
鬱病やEDになったり男なのにオッパイが大きくなったりするのは正直いかがなものでしょうか。

 

そうなると実生活がままならなくなり社会的にも非常に苦しい立場に置かれてしまうのではないでしょうか。

 

それならばいっそのことハゲた頭のままの方が幸せかもしれませんね・・・。

 

 

とは言うものの、やはり薄毛やハゲというのは男の大きな悩みであることには変わりありません。

 

そこで、最先端の育毛業界で最も注目されている成分が非常に期待できるのです。

 

その成分というのはキャピキシルというもの。

 

 

フィナステリド・プロペシアやミノキシジルに似ているネーミングですが、
キャピキシルは副作用が全くない安全な天然成分が特徴。

 

しかも、効果はミノキシジルの約3倍と言われており、
AGA治療や育毛剤業界の救世主的な存在として期待を寄せています。

 

 

さらに、これまで効果があるとされていたフィナステリドやミノキシジルは
初期脱毛という、服用を始めた最初の頃に髪が抜け落ちてしまうという
先に紹介した副作用以外の深刻なデメリットがあります。

 

しかし、キャピキシルは初期脱毛の心配もありませんので、
ほぼリスクなく毛髪再生に取り組むことができるというメリットがあるんですね。

 

 

ですから、これからの時代は副作用の無い育毛剤を使うというのは既に常識ですが、
その中でもミノキシジルなどの3倍の効果が期待できるキャピキシルを中心に利用すべきではないでしょうか。

 

キャピキシル配合育毛剤おすすめ比較ランキング!!

 

フィンジア

 

 

このページの先頭へ